法要・供養について – 石乃家

法要・供養について

こちらでは法要・供養の基礎知識をご紹介します。開眼供養から墓所整理に至る流れを仏式を中心にご説明いたしております。

開眼供養(かいがんくよう)

お墓はその墓所 に仏様が埋葬されているいないに関係なく、大切な先祖供養の対象です。墓石はご住職にお経を唱えて頂いて始めて、信仰礼拝の対象として本当の意味の「墓石」となります。最近では、埋葬時に一緒に行うことが多いようです。

入魂式(にゅうこんしき)とも言われ、お墓に限らず仏像や仏壇、仏画、卒塔婆、位牌などはすべてこのような儀式を経てはじめて霊験ある存在になります。

つまり、開眼(魂入)のお経を唱えていただき、魂を迎え入れることでご先祖との絆が生まれるので、魂を入れない墓石はただの石にすぎないとされていました。法要の営み方については、宗派によって異なりますので、事前に菩提寺にご相談ください。

仏教における追善・年忌法要について

仏教ではより良い死後の世界へ行き着くようにとの願いから、亡くなられた日を含めて七日目ごとの法要(中陰供養)と「百箇日忌法要」「毎月の命日」「新盆」などの追善法要を営みます。

百か日を過ぎると年忌法要 となり、満一年たった祥月命日が「一周忌」、二年目が「三回忌」、以後は数え年で六年目に、「七回忌」、「十三回忌」「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」「三十三回忌」「三十七回忌」「四十三回忌」「四十七回忌」「五十回忌」「百回忌」と続きます。

これらの法要は先祖供養として欠くことの出来ない大切な行事ですので、近親者を招いてお寺や墓前で年忌法要を営みます。また春秋の彼岸やお盆には家族そろって墓参をし、故人を偲び供養することが残された者の大事なつとめなのです。

 

中陰供養

呼称 日数 法要の内容
初七日 7日目 最近では、葬儀後に行う場合が多いようです。
二七日 14日目 遺族や親族のみで行うことが多いようです。
三七日 21日目 遺族や親族のみで行うことが多いようです。
四七日 28日目 遺族や親族のみで行うことが多いようです。
五七日 35日目 宗派によっては忌明けの法要をを行います。
六七日 42日目 遺族や親族のみで行うことが多いようです。
七七日 49日目 忌明けです。「四十九日忌法要」とも呼ばれます。

※現在では「初七日」と「四十九日」の法要のみをとり行うことが多いようです。
※日数は亡くなった日を含めて数えます。

 

百箇日忌法要

「百箇日忌法要」は、「四十九日忌法要」から最初の年忌である「一周忌」までに行う唯一の法要です。「卒哭忌」ともいい、これは哭くのをやめるという意味があります。また、この法要は「四十九日忌法要」と一緒に行うこともあるようです。

一周忌 満1年目 親族や知人を招き、故人を偲びます。
三回忌 満2年目 親族や知人を招き、故人を偲びます。
七回忌 満6年目 親族や知人を招き、故人を偲びます。
十三回忌 満12年目 親族や知人を招き、故人を偲びます。
十七回忌 満16年目 親族や知人を招き、故人を偲びます
二十三回忌 満22年目 親族や知人を招き、故人を偲びます。
二十七回忌 満26年目 親族や知人を招き、故人を偲びます。
三十三回忌 満32年目 宗派によりこの法要をもって弔い上げとする場合が多いようです。
五十回忌 満49年目 宗派によりこの法要をもって弔い上げとする場合が多いようです。
百回忌 満99年目 以後の法要は五十年毎に営まれます。

納骨供養

亡くなられた後、四十九日間を中陰(この世とあの世の中間の世界)といいます。通常忌明けの中陰を過ぎたら、遺骨をお墓に納める「納骨法要」を営みます。

お盆の墓参りや歴史と由来(迎え火・送り火・お供え物の意味)

お盆は仏教における盂蘭盆会(うらぼんえ)、または盂蘭盆(うらぼん)を略した言葉とされており、太陰暦(旧暦)では、7月15日(または8月15日)に行われる夏の御霊祭です。現在では、お盆の期間は13日から16日までのところが多いようです。

仏教では、お釈迦様のお弟子様である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに供養し、母を救ったことからはじめられたもので、仏様や先祖の恩に感謝し、お墓参りや迎え火などをする行事なのです。

お彼岸(春・秋)の意味と墓参りについて

お彼岸は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間、もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)を指します。年に2日あるお彼岸では、それぞれの初日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸明け」といい春分の日・秋分の日を「中日」といいます。お彼岸の期間はその年ごとに変わります。春と秋それぞれ月の中旬過ぎが一般的にで3月は21日ごろで9月は23日頃が目安となります。お彼岸の時期には季節が変わりお墓参りしやすい安定した気候になるのも特徴です。

墓所の手入れ

お墓参りはまず、お墓をきれいにすることから始まります。墓石は一年中雨風や日光に照らされていますので、石の自然な光沢をいつまでも失わないよう充分な手入れをしてください。お墓参りには雑巾やブラシを用意して、石碑に刻まれた文字の中はブラシで磨き、香炉や花立てなどのゴミを取り払い、線香のシミや鳥の糞などは雑巾でふき取ります。古くなった塔婆は所定の場所に片付け、植木の剪定もお隣の迷惑にならぬよう心がけます。また花筒の破損や玉砂利が減ってしまったなど、修理をする点、お気づきの点がありましたらお気軽に当社にお申し付けください。

墓所の整理

「お墓は故郷にあるけれど、遠いので墓参りが容易でなく、子供たちが維持することを考えると不安である」、「事情があって複数の墓所を持っており、管理が大変なので一カ所にまとめたい」「自分は長男でないので、自分のお墓を考えたい」近年お墓をお求めになられる方々は、以上のような動機で入手されたケースが多いようです。

これらを解決するには、古いお墓は整理して、墓参が楽で気持ちよく供養できる場所に新しく墓所を求めることが、現実に即したもっとも良い方法ではないでしょうか。整理の要領はお寺のお願いして魂抜きの法要を行い、無縁となった墓石はしかるべきかたちで処分してもらい、遺骨を掘り出します。

整理に当たっては、お寺や自分の過去帳などと照らし合わせ、親戚の人に聞くなどして、そのお墓が誰を埋葬した者か確認してください。整理が済んだら新しい墓所で開眼法要を営んで遺骨を埋葬します。この場合、改葬許可証など特別な書類が必要ですので、当社にご相談ください。

よくあるご質問