その他の質問 – 石乃家

よくあるご質問

その他の質問

満年齢と数え年の意味は?どう数えるの?

満年齢は現在の年齢であり誕生日で「年齢」を数える方法です。 数え年は「年齢+1歳」です。現在のように誕生日で歳を数えるのではなく、1月1日(2月4日)で歳を数えます。

つまり生まれた時を1歳とし「正月を迎えるたびに年齢を1歳重ねるという計算方法」です。(補足、昔は「立春」2/4ごろを正月としていました。天文学的に立春は2/4が一番多くなります。)

千歳飴昔から良く使わていたのは「数え年」で子供の成長をお祝いする七五三などは、この「数え年」を節目として祝います。(最近の七五三では「満年齢」と「数え年」どちらでもお祝いを行うこが多くなっています。)また、長寿の祝い事で節目にも「還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿」などがありますが、こちらも「数え年」でおこなっています。このように昔からよく行われていた行事などでは「数え年」を利用することが多かったようです。このため、仏教の教えでも良く「数え年」が使われているようです。

 

簡単な数え方

その年の誕生日を迎えていない場合 満年齢+2歳
すでにその年の誕生日を迎えた場合 満年齢+1歳

 

数え年から満年齢へ使われ方が変わった背景

日本では、古くから数え年が使わていたのですが、1902年12月22日施行の「年齢計算ニ関スル法律(明治35年12月2日 法律第50号)」を受け、満年齢を使用するようになったようです。

しかし、一般的には数え年が使われ続けたことから、1950年1月1日施行の「年齢のとなえ方に関する法律(昭和24年5月24日 法律第96号)」により、国・地方公共団体の機関に対しては満年齢の使用を義務付け、数え年を用いる場合は明示するようになりました。

実際には、戦後の配給制度での問題などが大きく、数え年で配給されると、生まれた年月によっては0歳の赤ちゃんに2歳での食事配給が回ってしまうなどの「混乱があったため」のようです。

ポイント

喪中のハガキなどに書く年齢などで良くご質問を受けますが、満年齢と数え年のどちらを記載するかは、基本的は喪主さまのご判断になります。ただ、年齢のとなえ方に関する法律が、義務付けられたのが1950年なので、今では満年齢で出されても問題ないかもしれません。

答えを閉じる

遺骨を自宅に置くことは可能ですか?

家族など、自身と縁のある人の遺骨であれば法的には問題ありません。

ただ、あまり長く全てをそのままにするのは難しいかとおもいます。供養・お参りイメージ画像最近では、手元供養として、ご遺骨の一部をアクセサリーやメモリアルボックスと言われる箱にいれたりするサービスもおこなっているようです。昔からある「分骨」と言われる方法に近い位置づけとなりますがこのようなサービスを利用することも家族を身近に感じる1つの方法です。

そして、大切なのは、「供養したい」というお気持ちと考えております。

ご自身の手元近くに置きたいお気持ちもあるとは思いますが、故人を家族みんなでお墓参りしてあげることも必要になことだと思っております。

注意点

他人の遺骨を預かって安置する場合には「納骨堂」としての許可が必要です。また、家族の遺骨であっても、すでにお墓に埋葬されている場合は事情が異なってきます。お骨を墓地から取り出す際には改葬の許可が必要となります。
その為、既に埋葬されている遺骨を個人宅のように墓地や納骨堂として認められていない場所へ移動する許可を得ようとすることは難しいでしょう。

答えを閉じる

寿陵(じゅりょう)=生前墓とはなんですか?

生きているうちにお墓を建てる人が増えています。これを寿陵(じゅりょう)あるいは生前墓と呼びます。

見たことのある人も多いと思いますが「朱色(赤字)で名前や戒名が刻まれているお墓」が寿陵です。民間の霊園では最近、申込者の多くが生前にお墓を求めていると言われています。

 

寿陵墓の縁起と意味

古来中国では、生前にお墓を建てることが長寿を授かる縁起の良いこととされていました。古書にも「寿蔵」「寿穴」「寿堂」などと書かれており、秦の始皇帝をはじめ歴代の皇帝は皆寿陵墓を建てています。最近では縁起のためだけでなく「子供に負担をかけたくない」または自分の気に入った墓碑銘や石、場所などを選びたいという人が寿陵墓を建てているようです。
 
 

寿陵(じゅりょう)の意味

寿陵の「寿」という字は、"じゅ"と読んで、長寿・長命など、いのちを長らえるという意味で使われています。また、"ことぶき"と読むときには、おめでたい祝いごとを表します。
そして「陵」は"みささぎ"と読み、中国では古くから「皇帝の墓」という意味で使われてきました。日本でも天皇の墓を「御陵(ごりょう)」と呼んでいます。

 

寿陵墓のメリット

誰か身内が亡くなった時、「すぐにお墓を・・」といっても、墓地の立地環境や交通の便などを考えていると意外に時間が掛かるものです。満足のいく墓地を見つけることはそう簡単なことではありません。実際墓地を建てるにしても、石材の加工や工事期間を考えれば最低でも1ヶ月以上はかかってしまいます。その意味で寿陵を建てておけば、いざというときでも「安心」です。まず、何よりも後に残った家族への負担を軽減する事が出来るからです。

また、「お墓は課税の対象にはなりません」そのため相続の際に相続税はかかりません。「不動産取得税・固定資産税」なども発生しないのが特徴です。親が寿陵墓を造っておけば、相続の時に墓地代は除外することができるのです。

お墓だけではなく仏壇や礼拝物などは、高価なものでも税はかからないので、節税対策としてのメリットがあります。

注意点

お墓は節税対策としては有効ですが「生前に建てる必要」があります。相続税が発生した時点で購入しても効果はありません。

 
答えを閉じる

宗旨・宗派不問とは?宗教自由(無宗教)?

少し分かりやすく言うと「宗教自由」という意味です。

確かに最近よく霊園やお墓のチラシでおすすめのポイントの箇所に「宗旨・宗派不問」や「宗教不問」という言葉が書かれています。ここからは良く広告などで記載されている霊園のチラシに表記してある「宗旨・宗派不問」と寺院のチラシに表示してある「過去の宗派は不問」についてご説明いたします。

 

宗教・宗派不問について

霊園やお墓のチラシに書かれてる「宗旨・宗派不問」はどんな仏教の宗門や宗門の分派であっても構わない(問題としない)ものと理解すればよいようです。他のお客様から「無宗教の霊園を探しているのですが?」とご連絡いただいたこともありますので、全体的に「宗教・宗派不問」と言う意味が少し分かりづらい言葉のようです。

 

・Aのお客様は、もともと宗派を持っていないので「無宗教の公園墓地」を探しています。
・Bのお客様は、家から近い臨済宗の墓地を探しています。

「宗教・宗派不問」の霊園や公園墓地であれば、A・Bどちらのご希望のお客様も、お求めいただくことができます。菩提寺が無くご希望の宗教がある場合は寺院を探す必要があります

 

過去の宗派は不問について

お寺場合は「過去の宗派は不問」と表示していることがあります。この意味としては、購入前の宗派(仏教系の宗派)は問いませんが、購入後その墓地を経営するお寺の檀家になることが条件となっています。また入檀料が必要な場合もあります。後々お葬式や法要などにも関係しますので、購入する際には墓地のことだけてなく、信頼できるお寺(住職)かどうかも考慮に入れる必要があります。

注意点

霊園では宗教が自由なところがほとんどですが、一部「在来仏教」に限りるところもあります。霊園では菩提寺の住職を呼んで法要を行うことができますが、在来仏教に限った公園墓地の場合は、日本に古くからある伝統仏教(在来仏教)13宗から選ぶことになります。

在来仏教13宗:
天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・日蓮宗・曹洞宗・臨済宗・黄檗宗・法相宗・華厳宗・律宗・時宗・融通念仏宗

答えを閉じる

行年と享年の違いや意味は何ですか?

あまり大きな違いはないのですが、内容の違いや意味としては「満年齢と数え年」によって記載が変わるようです。

享年とは:「数え年で記載する場合又は、何年いきたか」という意味

行年とは:「満年齢で記載する場合又は、何歳まで生きたか」という意味

となっているようです。ただ、一般には同義語の意味に近く「天やから授かった寿命」でありこの世に存在した年数を意味しています。

「享年」と「行年」の使われ方

最近の霊園や墓地では「行年」のほうがよく使用されておりますが、昔からある寺院などでは「享年」のほうが多いようです。
お寺に「享年」が多いのは、昔から長寿の祝い事で節目には「還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿」などを祝うことから、お墓に彫刻する年齢も少しでも多くするため「数え年」で記載したようです。ただ、最近では「享年」でも数え年で記載せず「満年齢」で記載することが多くなっております。仏教に対する価値観が変わってきた事もあり、分かりやすく見やすい方が良いという方が増えてきたことがあるようです。
他にも、1950年に「年齢のとなえ方に関する法律」により、国・地方公共団体の機関に対しては満年齢の使用を義務付け、数え年を用いる場合は明示するようになったことも影響しているようです。

 

「歳」と「才」の使われ方

「歳」と「才」の違いについては、彫刻のする際に画数が少ないほうが読みやすいため、「才」を利用することが多くなったようです。「才」自体はもともと「歳」と発音が同じで簡単なため代用された文字のようです。墓石に彫刻する場合は、用紙に書くのではなく、彫り・刻むため画数の少ない方がカケにくく字も見やすくなります。もちろん、「お位牌に合わせて享年にしたい」など、ご希望に合わせて文字を彫刻することも可能です。

 

ポイント

いろいろな番組や権威ある方の解説でも、それぞれ「享年」「行年」の解釈が少し違いどれが「正しい」といった内容かは分かりません。また、当社では「享年」「行年」については「才」と同じく、石材に彫刻した文字がカケにくい画数が少ない「行年」をおすすめしております。
ご不明な場合は、お気軽にご連絡下さい。

答えを閉じる

お墓ディレクターとは何をする資格ですか?

日本石材産業協会が日本のお墓文化の発展と、生活者に対してお墓に関する正しい知識を普及する目的で創設された制度です。

主にお墓の文化を重要視した内容や石材の施工方法などの知識を業界全体で共有することを目的としております。当社は、石材産業協会の加盟店であり、資格取得を推奨しております。その他にも、石工現場責任者は現場施工に必要な複数の資格を取得しております。

試験問題内容を一部抜粋

アジアには、インドネシア・バリ島の風葬(ふうそう)や、チベットの鳥葬(ちょうそう)、インドのガンジス川に遺灰を撒等「墓を作らない」葬送文化が存在していますが、イスラム教では火葬が一般的である、というのは正しいでしょうか。

 

日本のお墓文化を知るために必要な、他国での葬儀方法や日本の仏教歴史についての問題も出題されます。
また、石材産業の加盟店では「石材産地証明書」を発行しております。証明書は、国産石材用と外国産石材用の2種類があり、原石名・採石地・加工者などが明記され、シリアルナンバーで日本石材産業協会が管理いたします。
私どもでは、それ以外にもお客さま自身のご希望やニーズに合わせて霊園や墓石をご提案しております。担当者一人ひとりがお客様の「心」を大切にしたお墓づくりをお手伝いをさせていただければ幸いです。

答えを閉じる

土地の面積ですが1坪は何平米なのでしょうか?

約3.0平米の大きさになります。具体的には、たたみ2畳分ぐらいといわれ1坪=180センチ×180センチほどの面積になります。

昔は家墓と言われる古くから家族を祀り、受け継いでいく大きな墓所が多くほとんどが、1坪単位で建てられていました。

最近では、核家族の影響もあり、大体1.2平米~1.5平米が多くなってきております。また、墓地のタイプもさまざまになり、土地の面積を大きくとり、周りの墓石と空間を設けて建てる、ゆとり墓地などもあります。

答えを閉じる

お墓に骨壷(遺骨)が入らない時はどうするの?

近の墓所では区画の大小にかかわらず、カロート(納骨室)の中の手前部分が土になっておりますので古いご遺骨から順番に土に還して新しい遺骨の入った骨壷を入れます。

その他にも、古いご遺骨の一部を土に還してから残った遺骨を小さな骨壷に移す方法もあります。そのため小さな区画のお墓でもご遺骨が入った骨壷が収まらなくなることはありません。最近では都内の霊園で墓所を作ると墓地の大きさが小さくなってしまうため小さい区画は2段カロート(納骨室を上下に2つ設ける設計)にするなど通常よりも多くのご遺骨を入れられる新しいスタイルのお墓も作られるようになりました。
0.60平米の小さな区画ですが、お遺骨が多く納骨できるので、遠方にお墓をお持ちで、改葬(お墓の移動)をお考えのお客様にはおすすめの霊園です。

小さい区画で2段カロート(納骨室)がある霊園

2段カロートは昔からある納骨室の設計で、5.00~6.00平米などの大きな墓所で多く採用されていました。最近では1.20~1.50平米ほどの大きさのお墓が多くになり、あまり使われなくなっていた設計方法です。上記の霊園では、お骨数を多く納めるために、区画を整備するときに2段カロートで構成した区画を作っています。ちなみに、関西地域ではカロートの中が土になっていて、遺骨を納骨する際は、骨壷からだして布でくるんで埋葬する風習の地域もあります。このため早く土に還るので、遺骨を納めるカロートの大きさも小さいカタチになっています。

 

注意点

最近の墓所は0.60平米ほどの小さい区画から1.8平米の中位のお墓が多くなってきました。それに伴いカロート(納骨室)も小さく、骨壷が2~3体までしか入らないお墓もあります。郊外であれば、同じ価格でも、大きな区画もお求め頂けますので、お客様のライフスタイルに合わせて区画の大きさを決めると良いでしょう。ご不明な場合は、お気軽にご連絡下さい。

答えを閉じる

エンディングノートや遺言書は必要ですか?

ご自身なりの考えや老後のことなど不安な場合は、一度試しに書いても良いでしょう。 終活(しゅうかつ)の一貫で気軽に書けるエンディングノートがお勧めです。

エンディングノートは、遺言書とは違い法的な効力が無いかわりにご自身で自由に作ることが出来ます。例えば、ノートに記事の切り抜きやメモ書きを貼ったり、写真をつけたりすることも出来ます。カテゴリや項目に分けて書くことで、優先しなければならに項目もわかるので、実際に遺言書を残した方が良いかも判断できるでしょう。
お墓も事前に建てるまでの流れやポイントを理解しておくと良いでしょう。

活用時の注意点は、あまりにも個人情報と直結するような「クレジット」「預貯金」などは別にしておいた方が良いでしょう。まとめると便利ではありますが、リスクがある要素は鍵が掛かる場所に置くことをおすすめいたします。

家族だけが分かる思い出の品などをヒントにその情報を共有することが、鍵になることもあるので、うまく家族と相談することも「ホントに役立つノート作り」に必要なことと考えております。

エンディングノートに良く使われている10項目をご紹介

1.ご自分の基本情報(名前・生年月日・血液型・住所・かかりつけの病院)

2.親戚・友人・知人リスト

3.財産について(預貯金・株式・不動産・金融資産・借入金・ローン)

4.介護・告知や延命治療

5.葬儀・法要など(葬儀業者・会場・費用・宗教・宗派)

6.お墓・霊園・墓地(購入済みまたは希望する埋葬の場所など)

7.形見分け遺品

8.保険・私的年金(生命保険・損害・傷害保険など)

9.携帯電話、会員サービス

10.遺言書や依頼相談先の有無

 

エンディングノートはどこかで売っていますか?

エンディングノートは、映画のタイトルになるほど普及したこともあり、書店などに行けば専用コーナーも設置されているところもあるくらい色々な種類が発行されています。なかには、気軽に書けるものからじっくり書くものや情報を伝えるものまで、複数用意されています。まだ、早いと思われる方もおりますが、少子高齢化や核家族化によって徐々に関心が高まってきています。まずは、「自分が何に関心があるを決めて」買ってみると良いでしょう。当社では、お墓についての詳細や法要のことなどを掲載しいる冊子「建墓のしおり」を無料でご送付しておりますので、お問合せからご請求することも出来ます。エンディングノートと合わせて見てみると良いでしょう。霊園や墓地などの料金は、地域や立地条件によって変わってくるため、ご希望のエリアやご希望の条件から霊園や墓地の資料をご請求下さい。当社では、一都三県よりお墓をご案内しております

 

ポイント

エンディングノートの内容はノートによって随分違うので、見比べて選ぶと良いでしょう。また、書き始めようとしてもなかなか手がつかないこともありますが、残された家族が困らないように、ご自身の関心がある項目から埋めていきましょう。注意点は、エンディングノートは法的な拘束力がないため、利害関係が発生しやすい財産などの分配は、遺言書を作ることをお勧めいたします。

答えを閉じる

お墓の仏花は造花でも問題ないのでしょうか?

お墓参りのときは特に生花でなければいけない理由はありません。

供花に造花を利用する人も供養する気持ちが変わらなければ良いのではないでしょうか。
昔は庭先の花をお供えしていたようですが時代とともに花屋さんで仏花を購入してお供えるするようになったようです。

造花をお供えする前の注意点

造花をお供えする時にトラブルになりやすいのが、仏教的な教えに合わないなど親類や寺院のご住職によっては問題が発生する場合があります。宗教が自由な霊園や公園墓地ならトラブルも起こりにくいとは思いますが寺院にお墓がある場合などは他の参拝者の方などに合わせた方が良いでしょう。
関東圏では管理人やご住職などがいる場所では生花を供花として利用している人のほうが多いようですが、花を処分してくれない場所では造花も増えているようです。

 

生花か造花かは地域性も関係している

関東圏に住んでいる方だとお墓に造花を供えることは稀に感じますが九州地方では、造花を利用する方が多いようです。九州地域ではお彼岸の時期でも暑さの関係で生花をお供えすると「1日で花が枯れてしまう」ため造花をにしているようです。また、海外でもお墓に造花を供えてお参りするのが当たり前の地域があります。
地域の気候風土によっても習慣や風習が違うようです。他にも立地条件によっては生花自体が禁止されているところや線香が禁止さているところもあります。また、墓地のタイプによってはお花自体を植えることが可能なお墓もあります。

 

献花(供花)に利用される造花について

最近の造花は価格によっては本物と間違えてしまうほど精巧な造りの「リアル造花」があります。他にも「プリザーブドフラワー(保存された花)」といわれる生花や葉を特殊液の中に沈めて水分を抜いたお花もあります。どちらも母の日の贈り物や結婚式などでフローラルデザイナーさんたちに利用されていています。仏花用には3,000円ほどから用意されていますが造花よりも少し高い印象です。造花は花の模造品ではありますが、夏場のお盆の時期などは生花の場合、直ぐに枯れてしまうため水から虫が発生するのが嫌で造花を利用する方もいるようです。
ネット販売でも「お墓用造花」を2,000円〜5,000円ほどで購入することができます。仏壇などには小さめの「プリザーブドフラワー」も合うかもしれません。

 

注意点

地域による違いや立地条件によっては造花でも問題は少ないようです。しかし、お墓のお供えとして造花を利用するのは問題ないのですが生花とは違いモノによっては「造花が風で飛ばされてしまう」ようです。可能であれば茎の部分に「重りを入れておいた方が良い」でしょう。

答えを閉じる