墓石の形状・分類 – 石乃家

墓石の形状・分類

墓石の種類や形状は、和型・洋型・デザインとさまざまです。近年では、霊園ごとの墓地タイプに合わせた新しい墓石のカタチも増えてきております。
※こちらでは、主な墓石の形状をご紹介いたします。

和型墓石の種類と加工

和型墓石は仏舎利塔(古代インドの「ストゥーパ」)に由来する供養塔や五輪塔を簡略化したもので、復縁(おめでたいこと)を意味しています。伝統ある和型墓石は現在でも非常に人気があります。基本構造としては、竿石、上台、中台、芝台によって構成される4段のものが一般的です。 和型のお墓は、標準型から特上型、塔の形になったものなどがあります。

墓石の構造と名称

洋型墓石の種類と加工

近年、公園墓地や芝生墓地の普及によって洋風の墓石も急速に増えてきました。高さが低いため、地震にも強く安定感があります。墓石に刻む文字も家名だけでなく、好きな言葉や文字など自由なスタイルが特徴です。 洋型のお墓にもさまざまな形式があります。

墓石の構造と名称

オリジナルデザイン墓石

お墓はその方の個性を表現します。墓石の形、文字・書体など、すべてのデザインをオリジナルで作ることが可能です。

墓石の構造と名称

よくあるご質問