お盆の期間と行事について – 石乃家

お盆の期間と行事について

もともとお盆は盂蘭盆会(うらぼんえ)といい先祖の祖霊に感謝し弔う先祖供養の行事ことです。お盆の期間は都市部などでは「7月13日〜16日」の4日間他の地域では「8月13日〜16日」の4日間となっています。お盆期間は毎年ほとんど変わりません。

理由はお盆の期間を決めるときに旧暦の7月15日「満月の日」を中心にその日の前後で行事を行うように決めたからのようです。旧暦ではお月様の満ち欠けを基準に暦が作られているので満月の日を中心に決める方が分かりやすかったのでしょう。しかし最近では、ほぼ全国的にひと月遅れで行う月送れ盆の新暦8月15日を中心に行われることが多くなりました。

何故お盆の期間に違いがあるのか?

実はお盆の期間は地域によって3種類あります。これは最初に「お盆を定めた時は旧暦を使用していた」ことと「各地域の活動の違いによる事情」と「新暦に対応できない地域」によって発生しました。

7月盆として「新暦7月15日」を中心に行事をおこなう地域

8月盆として「新暦8月15日」を中心に行事をおこなう地域

旧盆として「旧暦7月15日」を中心に行事をおこなう地域

<豆知識>

この3つに分かれた理由にはいろいろな説があります。都市部だけ7月15日なのは地方と盆の時期をずらすことで家族や親類が集まりやすくするためと言われています。また8月15日を中心にしたのは農作業が忙しい時期と重なってしまうためと言われています。他には旧盆(旧暦7月15日)の日に行事をおこなっている地域は古くからの祖先祭りの時期はずらすことが出来なかったようです。 他にも日本独自の文化で行われている行事は旧暦である太陰太陽暦を利用していたため西日本と東日本で比較した場合でも祭りなどの時期がことなっているケースが多いようです。国が法律で定めた「国民の祝日」とは昭和23年の新暦である太陽暦(グレゴリオ暦)で新たに制定されたため旧暦で行われていた行事では、この様な誤差を埋める為に月遅れ盆などが生まれたようです。

お盆の行事ですることとは?

お盆休みは新暦で8月15日前後が平日であっても休日になる人が多く学校ではほとんどの生徒が夏休みに入っている時期です。国民的な祝日としても広く認知されていますね。そして仏教の行事よりもテレビでは車の渋滞情報や新幹線の帰宅ラッシュなどでにぎわっています。

それはお盆休みには実家に帰りお盆の行事をしてお墓参りする仏教的な習慣があり全国的に恒例になっているからでしょう。ここからはお盆の行事を確認していきます。但し、お盆の習慣も宗派や地域によって違いがありますので、それぞれの家や地域の風習に沿って行うことが多いので一般的な良く行われる内容をお伝えいたします。

<お盆の期間におこなう行事>

迎え盆(お盆の入り):「13日の夕方」に盆提灯を灯し、庭先に「迎え火」として麻幹(おがら)を焚き「先祖の霊を迎える」

「14〜15日」は先祖の霊は家にとどまり、ご住職をお招きしお経を唱え飲食をして供養をおこなう

送り盆(お盆の明け):「16日の夕方」に「送り火」を焚き「先祖の霊を送り出す」

他にも地域によってはお盆の期間に盆棚を作り花や季節果物など故人の好きだったものをお供えし仏壇に線香をあげお墓参りに行く事もあります。精霊流しや京都で有名な「大文字焼き」も送り火の1つです。 飾り物に使用するキュウリやナスの本来の名前や役割などはこちらのリンクからご確認ください。お盆の由来や寺院で行う法要の意味などが分かります。

歴史と由来(迎え火・送り火・お供え物の意味)

仏教では、お釈迦様のお弟子様である目連様の母親が餓鬼道に落ちた時、お釈迦様の教えに従って多くの高僧たちに供養し、母を救ったことからはじめられたもので、仏様や先祖の恩に感謝し、お墓参りや迎え火などをする行事なのです。

また、お盆の歴史は古く、日本行われたのは、朝廷の時代で推古天皇(606年)十四年七月十五日斎会を設けたのが初めてとされ、斎明天皇(657年)三年七月十五日飛鳥寺で盂蘭盆会が催されたとあります。

その後、お盆行事は武家・貴族・僧侶・など宮廷の上層階級で主に催され、一般庶民に広まったのは江戸時代のようです。江戸時代に入ると庶民の間にも仏壇やお盆行事が普及し、又、ローソクが大量生産によって安価に入手できるようになってから提灯がお盆にも広く用いられるようになりました。

<お盆のお供え物(茄子や胡瓜)について>

実際には、最初に精霊棚又は盆棚とも言われる棚に、位牌を安置し、お供えをします。茄子(なす)で作った牛や胡瓜(きゅうり)の馬が備えてあるのをよく見かけるのではないでしょうか。これは、ご先祖様の霊が牛に荷を引かせ、馬に乗って行き来するという言い伝えによるもので「精霊馬(しょうりょううま)」と言われています。お盆の期間中は飾っておきます。その後、茄子と胡瓜は食べずに川や海に流すか土に埋めるようです。ゴミとして出す際は、塩で清めて白紙に包んでから出しましょう。

<迎え盆(迎え火)・送り盆(送り火)>

3日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、祖先の霊を迎えます。これを「精霊迎え」と言います。この時に霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。地方によってはお墓からの道筋に、たくさんの松明かりを灯すところもあります。そして、16日は送り盆です。この日に、お盆の間の一緒にすごした祖先の霊を送り出すことを「精霊送り」と言います。この時に「送り火」を焚くことも広くおこなわれています。京都の「大文字焼き」も送り火の1つなのです。

<新盆(にいぼん)>

故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆」といいます。「あらぼん・にゅうぼん・あらそんじょ・にいじょうろ・ねじょうれい」などと呼ぶこともあります。普段のお盆よりも手厚く供養するのは、人の情として自然なことでしょう。新盆には親戚や縁者から盆提灯(ぼんちょうちん)が送られます。地域によって異なりますが、何も絵柄のない白張提灯を新盆の時だけ使い、送り火で燃やしたりお寺へおさめたりする風習があるようです。毎年のお盆には秋草模様などの入った提灯を使います。

<お盆の由来>

お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。これはインドの言葉の1つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。お盆のはじまりについては、「盂蘭盆経」の中の親孝行の大切さを説いた教えが昔から知られています。 お釈迦様の弟子の中で、神通力一番とされている目連尊者が、ある時、神通力によって亡き母が餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいると知りました。そこで、どうしたら母親を救えるのか、お釈迦様に相談しにいきました。するとお釈迦様は、「お前が多くの人に施しをすれば母親は救われる」と言われました。そこで、目連尊者はお釈迦様の教えにしたがい、夏の修行期間のあける7月15日に多くの僧たちに飲食物をささげて供養したのです。すると、その功徳によって母親は、極楽往生がとげられました。 とう言うお話です。 それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日となったのです。日本では、推古天皇の14年(606)に、はじめてお盆の行事が行われたと伝えられいます。各地で行われるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違いなどによってさまざまですが、一般的に祖先の霊が帰ってくると考えられています。日本のお盆は、祖先の霊と一緒に過ごす大切な期間なのです。

よくあるご質問