墓石の基本情報

両家墓について

墓石・お墓のスタイル

両家墓について(名字の違う家同士のお墓)

二つの家を一つのお墓に祀ったものです。昔からあるスタイルなのですが、あまり知られていないようです。
一人娘の結婚などでお墓を継承していく人がいない家族が増えたことによって建てられるようになりました。

ここからは、いくつかの両家墓をタイプ別にご説明いたします。当社でご案内している霊園では墓地のタイプにもよりますがほとんどの墓地で両家墓を建てることが出来ます。
また、お墓を建てる時は両家のご親類などにも相談してから決めておいた方が良いでしょう。

両家墓の画像

1区画に二つ石碑を建てる両家墓

規模が大きな霊園では、1つの区画に両家のお墓を二つ建てるタイプの墓所がありますが、最近ではあまり見られなくなりました。

カロート(納骨室)も二つ設けてあり、納骨する場所は別々に設計されています。

1区画に二つ石碑を建てる両家墓

和型墓石の両家墓

両家墓は昔からあり、よく寺院でもみかけることができます。和型墓石の場合は、写真のように両家の家名を縦に二つ記載して「家之墓」と彫刻するタイプと家名を二つそのまま並べて彫刻するタイプの2種類が多いようです。

カロート(納骨室)は、1つで設計されておりますが、親類が多い場合は、2段カロートにするケースもあるようです。

和型墓石の両家墓

洋型墓石の両家墓

最近の霊園で一番多く見られるタイプの両家墓です。石碑も横型のタイプなので真ん中に好きな言葉を入れて、左右の下に両家の家名を彫刻します。

両家の家紋は、左右の花立に一つずつ彫刻します。最近では家紋ではなく「花や思い入れのあったモノ」などを彫刻するケースも増えております。

カロート(納骨室)は、1つで設計されております。

洋型墓石の両家墓

<注意点>
民間霊園や寺院では両家墓を建てることができますが、公営霊園の場合は使用規定によって建てることが出来ないことがあります。 規定に記されている、墓所を継ぐことが出来る「親等」がいくつまであるかを確認したほうが良いでしょう。