新着情報

平成30年度7月の東京都立霊園の募集内容と申込応募状況

2018年05月24日

平成29年度の東京都立霊園の募集内容と申込応募状況

当社では、既に区画(土地)を保有、当選した方で、お墓の建立を検討されている方のご相談も承ります。
また、新しくお申込みの場合は、都立霊園で定められてる、以下の条件を満たす必要があります。

  • 申込書配布:6月25日から7月17日まで
  • 申込期間:2018年7月2日から7月17日まで
  • 公開抽選は平成30年8月28日を予定しております。

都立霊園申込のしおり画像

一般・立体・芝生などの埋蔵施設の使用資格

  • 都内に5年以上継続して住んでいること
  • 一度も埋蔵(葬)・収蔵したことがない遺骨を持っている(分骨不可)
  • 申込者は申込遺骨と親族の関係にある
  • 遺骨に対して、祭祀の主宰者であること

※ご希望により資格が違います。詳しくは、本年度の申込みのしおりをご確認ください。
※八柱霊園の場合、松戸市を含む
※建立期限があり、期間を守らない場合は「使用許可の取消等の処分対象」になります。

樹林型や合葬などの埋蔵施設の使用資格

  • 都内に3年以上継続して住んでいること
  • 一度も埋蔵(葬)・収蔵したことがない遺骨を持っている(分骨不可)又は生前区分希望の方
  • 申込者は申込遺骨と親族の関係にある
  • 申込遺骨2体は夫婦、親子又は兄弟であること(2体の場合)
  • 一定期間保管(使用許可日から20年後に遺骨を共同埋蔵)、直接共同埋蔵(納骨時に共同埋蔵)

※ご希望により資格が違います。詳しくは、本年度の申込みのしおりをご確認ください。
※八柱霊園の場合、松戸市を含む
※共同埋蔵は、遺骨を骨壷から出して合わせ葬ることを承諾できる方。

平成30年度募集のある都立霊園【7月17日締め切り】

平成30年度の都立霊園の公募受付数と募集倍率

平成30年の都立霊園募集数は昨年度より一般墓地が全体の募集数が若干減少して「一般・立体・芝生などの埋蔵施設が1,220箇所」「樹林型や合葬などの埋蔵施設が4,100体」となっています。

また、使用料と管理料が「今年4月1日に改定され料金が高く」なっております。

過去の応募状況を参考にしたい方はこちらのリンクから確認頂けます。

  • 平成29年度の応募数と倍率

個別にお墓参りが出来るタイプ(遺骨を家族で埋葬する方法)

決められた場所でお参りするタイプ(遺骨を合祀し埋葬する方法)

霊園名

墓地名

募集数

応募数

倍率

八柱霊園

合葬埋蔵施設

2,000

小平霊園

合葬埋蔵施設

800

小平霊園

樹林型合葬埋蔵施設

1,600

小平霊園

樹林型合葬埋蔵施設

300

※平成30年5月24日に発表された公募受付数を表示しています。
※応募数や倍率の情報は8月28日の抽選会以降に更新いたします。

お近くで霊園をお探しの場合はこちらからお探しいただけます。東京23区や川崎エリアや駅から歩ける墓地や納骨堂・永代供養墓の取扱物件があります。