初めてのお客様

一般墓地の特徴

墓地の区画タイプ

一般墓地の特徴や意味

一般墓地(いっぱんぼち)とは昔からあるタイプの墓地で普通墓所や一般埋蔵施設とも言われることがあります。日本では一番多い形状のお墓になります。
隣お墓の外柵との隙間があまり無いタイプです。近年では地面の上にカロートを設けるのが一般的になっております。 

伝統的なタイプなので、今でも一番多く建墓されているお墓となっております。最近では石碑は和型墓石(縦長の形)より洋型墓石(横型)のご依頼いただく件数が増えてきまいた。
また、洋型墓石はゆれに強い特性があるため、平成19年にあった能登半島地震で、墓石が倒壊したのを受けて、お客様からの要望が増加しました。

当社では地震に強い施工方法をとっているため、和型墓石でもご安心して建立いただくことが出来ます。

一般墓地の特徴や意味と人気の霊園

お客様からの印象

昔からあるので一番落ち着くお墓のようです。このタイプの墓地では写真のように外柵(がいさく)と言われる土台の上に墓石を建てる一般的なお墓です。
また、公営霊園などでは普通墓所や一般埋蔵施設と言われている場合がありますが、芝生墓地や他の墓地タイプと区分けする為に「一般や普通」と言われるようになったようです。

<一般墓地の追加情報>
多様な墓石の装飾品などが、一番多い墓所です。灯篭(とうろう)や地蔵尊など、芝生墓地では設置しにくいモノも追加しやすい構造となっております。
また、区画の大きさにもよりますが、後から墓誌なども追加設置しやすいなど、家墓ではこのタイプが一番多く利用されております。

一般墓所が人気の霊園をご紹介

ここに霊園・墓地の神流川・東京・埼玉の普通墓地のチェックが付いた最新物件をエリアごとに3つづつ掲載したい。