初めてのお客様

永代供養墓(集合墓)の特徴

墓地の区画タイプ

永代供養墓(集合墓)の特徴や意味

永代供養墓とは、お墓を継がれる方がいない方ようの墓地です。いろいろなスタイルがありますが、すでにお墓のひとつの形として、多くの人に受け入れられています。

納骨堂タイプのものは、写真のようなロッカー式になっていて骨壷を一つひとつ入れます。もう一つは、合葬式タイプと言われお骨を最初から他のご遺骨と一緒にして埋葬します。

大きく分けて2つの方法がありますが、中間的な埋蔵方法として、お骨の一部を合葬し半分を小さな骨壷に入れて埋葬する供養墓もあります。

最近では、設備にもよりますがプレートや石版などに戒名または俗名を彫刻してご遺骨を納める永代供養墓が増えてきました。

永代供養墓(集合墓)の特徴や意味

永代供養墓の追加情報

合祀(ごうし)、合葬(がっそう)タイプの供養墓は、お申込前に注意点があります。ご遺骨を一緒の場所に納めるため、後から遺骨を取り出すことは出来なくなります。
例えば「親類がお墓を建てたので、そちらの方に一緒に埋葬してあげたい。」といったケースが発生する場合もありますので、しっかりとご家族でご検討した上でお求めいただく必要があります。
最近のでは、核家族化の影響もあり、両家墓と言うスタイルのお墓もありますので、お気軽にご相談下さい。

永代供養墓(集合墓)が人気の納骨堂をご紹介