よくあるご質問(FAQ)

お墓の建立者の名前に「朱(赤色)」を入れないとダメ?

墓石や彫刻の質問

親戚等に生きている間にお墓を建てたら 「建立者の名前に朱=赤色を入れないとダメよ」と言われたのですが、名前に赤色(赤字)を入れるのは何故ですか?

もともと「朱」を入れていたのは寺院で「生前戒名」を与えられた際に、墓石に彫刻する時に入れられていました。

仏教において「戒名」は、仏門に入った証であり、戒律を守るしるしとして与えられる名前です。かつては、「戒め」過ちを犯さないよう、自らの訓戒として生前にお寺にて戒名をいただいておりました。

そして、墓石に戒名を彫る場合に生前受領したと分かるように朱色を入れていた事から、建立者の名前にも朱を入れ「まだ生きています」とするようになったのです。

ただ、最近のお客様はそのような事にこだわらない方が多くなり、朱色を入れる方は少なくなってきております。それは墓石を建てる方は、まだ亡くなっていないので、わざわざ朱をいれる必要性も無いと考える方が増えてきております。

注意点

実際、地域の慣習によって、朱色(赤)を入れる場所が違うことも珍しくなく名前だけ入れる場合や苗字含めて全てに朱を入れる、生前戒名全体に入れるなどさまざまです。
もし、ご心配であれば戒名を頂いたご住職等にお伺いしたほうが良いでしょう。
あまり習慣にとらわれずお墓はご先祖様を供養する終の棲家と考えるほうが宜しいのではないのでしょうか?
ご不明な場合は、お気軽にご連絡下さい。