よくあるご質問(FAQ)

都立や市営霊園は使用料以外に費用が必要なの?

公営・都立霊園の質問

市の広報でお墓の募集があったので応募しようと思います。申込のしおりは使用料の注意書きのところに「墓石は自己負担」と書かれていましたが市に払うお金以外にどのくらの金額が必要なのでしょうか?

お墓は市営であっても民営であっても使用料(土地代)以外に「墓石工事費」と管理料が必要になります。

使用料だけで済むのは「合葬(合祀)タイプのお墓」だけとなっています。このため公営墓地に当選した後に「墓石代が必要と分かり辞退する方」もいます。 ここからは実際に「当選したのに辞退する理由」で多かったご意見やご質問をご紹介いたします。費用面だけでなく霊園がある所在地の立地条件や管理体制など「後から後悔されているケース」もあるようです。

総額費用が思いのほか高かった

辞退する理由はさまざまですが一番多かったのは「お墓の総額費用」です。お墓は市営霊園で購入した方が安いと考えている方が多かったのが原因の1つです。 実際、人気の高い都立多磨霊園の一番小さい区画でも総額(土地代+墓石工事費一式)では「約260~300万円」になります。 他にも横浜市営霊園の一番新しい施設の「メモリアルグリーン」では芝生墓地が「約90万円」となっています。 また、横浜市内のお求めやすい民営霊園の「旭の郷」では「約80万円」なので料金だけを比較するのであればほとんど変わらない費用です。

  • 市営と民営の料金の違いは?

都立 多磨霊園墓石の写真

値段は安いが立地条件が悪かった

神奈川の横浜市営霊園でも久保山墓地や三ツ沢墓地は「土地の価格は安い」のですが、お墓を建てる区画がある場所は「急勾配の坂道や階段が多く」墓石を設置する施工費が高くなってしまいます。 逆に久保山と三ツ沢の立地条件が悪いため、近くの「民営霊園にお墓を引越し(改葬)」される方もいます。

三ツ沢墓地の墓域写真(階段・勾配)

法要・会食の手配が出来なかった

公営墓地はで法要施設を完備していない場所も多くあり葬儀にともなう法要や埋葬などは管理事務所では行っておりません。

そのため周辺で「法要や会食を行う場所もお客様が探す必要」があります。
近くにある茶屋(石材店)や葬儀社などで施設を提供していることもありますが、会食や花屋の手配先も違うため利用料金は少し差があります。

  • 公営・民営・寺院では法要・会食の依頼方法が違うの?

メモリアルホール

管理事務所(自治体)では墓石販売店は紹介しているの?

教えてくれる場合もありますが、職員は斡旋(あっせん)するような行為は基本的にできません。お客さま自身で探されるか、公営霊園周辺の石材店に直接聞きにいくことになります。

墓石の料金もお客様自身で「見積もりを取って比較する」ことが必要になります。最近ではインターネットで見積もりが取れるようになっていますが「値段が安すぎる場合は注意」したほうが良いでしょう。

まとめ

公営の墓地は費用面が安いと思われていますが、あくまで「同じ地域で同じ大きさのお墓を建てた場合」に限られています。また、立地条件についても他の民営霊園同様に現地を先に見てからお申し込みを考えられた方が良いようです。

また、墓石を建てる時はインターネットだけの金額で判断せずに信頼できる石材店にお願いするようにしましょう。