よくあるご質問(FAQ)

市区町村が経営する公営霊園の募集時期や条件は?

公営・都立霊園の質問

公営の霊園・墓地は、募集があると聞いたのですが、いつ頃募集されるのでしょうか?また、何か条件などはあるのでしょうか?

公営霊園(市営墓地)では古くからの利用者が多く区画整備などで区画が空いたときしか公募(募集)はされません。

その為、明確な募集時期は区画調整の日程によって変わってしまいます。

都立霊園では、毎年定期的に7月中旬頃に募集がありますが、墓地の返還や無縁墓などの撤去による再販区画なので毎年数や面積が違います。

最近では、新しく合祀墓や樹林墓地などが募集されており、生前でのお申込みも可能となりました。ただ、通常のお墓とは違い埋葬や納骨する際は、ご遺骨を他の遺骨と一緒に埋葬します。その為、後から改葬するために遺骨を取り出すことは出来ません。

  • 合葬墓や樹木葬はどんな種類があるの?はこちら

また、公営墓地では、その都市町ごとにお墓を使用するための条件に違いがあります。
主な条件は以下となっております。

志木市市営墓地当選区画

公営霊園で定める条件で共通する内容が多い項目

  • 申込者本人が継続して※年間以上、※市に継続して居住している。
  • 申込遺骨の祭祀の主宰者である。
  • 一度も埋蔵していない遺骨を持っている(分骨・改葬不可)
  • ※年以内に遺骨を埋葬する(上記写真のようになる為、枠や囲いを設ける)
  • 申込は1世帯に1区画のみ

※の部分は、お住まいの場所や定められた年数によって変わります。

当社ではお申込みに条件や期間が無い民営霊園もご紹介しております。

ご希望区画によっては、公営の霊園よりもお値段は高くなってしまいますが、抽選なども無くお好きな区画を選ぶことが出来ます。
最近では、公営よりも土地の面積が小さくなってしまいますが、ほとんど変わらないお値段となったことで、比較検討するお客さまも増えてきております。

ポイント

ご指定の公営霊園によってはご遺骨が無くても申込が可能な霊園もあります。ただ、基本的にはご遺骨がある方を優先するため、「遺骨あり区分」と「遺骨なし区分」があります。遺骨の有無によって、割り振られる当選区画数が異なるケースがありますのでお申込み前に確認すると良いでしょう。
詳しくはお気軽にご連絡下さい。