よくあるご質問(FAQ)

お墓の仏花は造花でも問題ないのでしょうか?

その他の質問

少し前からお墓参り行ったときに造花を見かけていたのですが、ここ最近増えたように感じます。お墓の仏花(供花)は造花でも問題ないのでしょうか?

お墓参りのときは特に生花でなければいけない理由はありません。

供花に造花を利用する人も供養する気持ちが変わらなければ良いのではないでしょうか。
昔は庭先の花をお供えしていたようですが時代とともに花屋さんで仏花を購入してお供えるするようになったようです。

造花をお供えする前の注意点

造花をお供えする時にトラブルになりやすいのが、仏教的な教えに合わないなど親類や寺院のご住職によっては問題が発生する場合があります。
宗教が自由な霊園や公園墓地ならトラブルも起こりにくいとは思いますが寺院にお墓がある場合などは他の参拝者の方などに合わせた方が良いでしょう。

関東圏では管理人やご住職などがいる場所では生花を供花として利用している人のほうが多いようですが、花を処分してくれない場所では造花も増えているようです。

造花

生花か造花かは地域性も関係している

左は造花 右は生花

関東圏に住んでいる方だとお墓に造花を供えることは稀に感じますが九州地方では、造花を利用する方が多いようです。九州地域ではお彼岸の時期でも暑さの関係で生花をお供えすると「1日で花が枯れてしまう」ため造花をにしているようです。
また、海外でもお墓に造花を供えてお参りするのが当たり前の地域があります。

地域の気候風土によっても習慣や風習が違うようです。他にも立地条件によっては生花自体が禁止されているところや線香が禁止さているところもあります。また、墓地のタイプによってはお花自体を植えることが可能なお墓もあります。

献花(供花)に利用される造花について

最近の造花は価格によっては本物と間違えてしまうほど精巧な造りの「リアル造花」があります。他にも「プリザーブドフラワー(保存された花)」といわれる生花や葉を特殊液の中に沈めて水分を抜いたお花もあります。
どちらも母の日の贈り物や結婚式などでフローラルデザイナーさんたちに利用されていています。仏花用には3,000円ほどから用意されていますが造花よりも少し高い印象です。

造花は花の模造品ではありますが、夏場のお盆の時期などは生花の場合、直ぐに枯れてしまうため水から虫が発生するのが嫌で造花を利用する方もいるようです。

ネット販売でも「お墓用造花」を2,000円〜5,000円ほどで購入することができます。
仏壇などには小さめの「プリザーブドフラワー」も合うかもしれません。

プリザーブドフラワー(保存された花)

注意点

地域による違いや立地条件によっては造花でも問題は少ないようです。しかし、お墓のお供えとして造花を利用するのは問題ないのですが生花とは違いモノによっては「造花が風で飛ばされてしまう」ようです。可能であれば茎の部分に「重りを入れておいた方が良い」でしょう。