よくあるご質問(FAQ)

行年と享年の違いや意味は何ですか?

その他の質問

行年(ぎょうねん)と享年(きょうねん)の違いは何ですか?これから墓石に彫刻されるので、間違った内容にはしたくありません。 また、「歳」と「才」の違いも良くわかりません。

あまり大きな違いはないのですが、内容の違いや意味としては「満年齢と数え年」によって記載が変わるようです。

仏教などでよく言われている内容では、

享年とは

  • 「数え年で記載する場合又は、何年いきたか」という意味

行年とは

  • 「満年齢で記載する場合又は、何歳まで生きたか」という意味

となっているようです。
ただ、一般には同義語の意味に近く「天やから授かった寿命」であり
この世に存在した年数を意味しています。

「享年」と「行年」の使われ方

最近の霊園や墓地では「行年」のほうがよく使用されておりますが、昔からある寺院などでは「享年」のほうが多いようです。
お寺に「享年」が多いのは、昔から長寿の祝い事で節目には「還暦、古稀、喜寿、傘寿、米寿」などを祝うことから、
お墓に彫刻する年齢も少しでも多くするため「数え年」で記載したようです。

ただ、最近では「享年」でも数え年で記載せず「満年齢」で記載することが多くなっております。
仏教に対する価値観が変わってきた事もあり、分かりやすく見やすい方が良いという方が増えてきたことがあるようです。
他にも、1950年に「年齢のとなえ方に関する法律」により、国・地方公共団体の機関に対しては満年齢の使用を義務付け、数え年を用いる場合は明示するようになったことも影響しているようです。

行年と享年(楷書体)

「歳」と「才」の使われ方

「歳」と「才」の違いについては、彫刻のする際に画数が少ないほうが読みやすいため、「才」を利用することが多くなったようです。
「才」自体はもともと「歳」と発音が同じで簡単なため代用された文字のようです。

墓石に彫刻する場合は、用紙に書くのではなく、彫り・刻むため画数の少ない方がカケにくく文字も見やすくなります。
もちろん、「お位牌に合わせて享年にしたい」など、ご希望に合わせて文字を彫刻することも可能です。

才と歳(楷書体)

ポイント

いろいろな番組や権威ある方の解説でも、それぞれ「享年」「行年」の解釈が少し違いどれが「正しい」といった内容かは分かりません。
また、当社では「享年」「行年」については「才」と同じく、石材に彫刻した文字がカケにくい画数が少ない「行年」をおすすめしております。
ご不明な場合は、お気軽にご連絡下さい。