よくあるご質問(FAQ)

永代供養墓(納骨堂)や集合墓とは何ですか?

永代供養の納骨堂の質問

最近よく新聞などで掲載されている永代供養墓とは何ですか?どんな意味があるのでしょうか。 お寺のお墓を買うということでしょうか?

永代供養墓とは、お墓参りのできない方、あるいはお墓の継承者がいない方に代わり、寺院などが永代にわたって供養・管理をするお墓です。

また、ある一定の期間がすぎると合祀というかたちで他のかたのご遺骨と一緒に埋葬します。

永代供養墓について

合同のお墓、あるいは同じ納骨堂に納骨されることから、合祀(ごうし)墓・合同墓・集合墓などと呼ばれることもあります。

最近では樹木葬や散骨(自然葬)や屋内墓地とういう新しいスタイルも出てきました。

また、お求めいただく際には、永代供養墓であっても必ず「現地をしっかり確認する」ことをおすすめいたします。継承者がいないからなるべく安いところをと、考える方が多く「実際にどんなところ」かを見ていなかったことで後悔されるケースもあります。

お墓はどんなタイプの墓所であったとしても、最後にご自身が住まう「終の棲家」ですので、お客様または故人のためにも一度見てから決めると良いでしょう。

秦野市の永代供養墓(ロッカー式)

永代供養墓の遺骨埋葬方法

  1. 個別に遺骨を収めるタイプ
  2. 初めから他のご遺骨と一緒にして納めるタイプ
  3. 中間に位置し、遺骨の半分を一緒にして、半分を小さい骨壷で収めるタイプ

などがあります。
どのようなカタチで供養するかによって、お選び頂くのが良いでしょう。

注意点

合祀タイプのお墓は他の遺骨と一緒にするので、後から遺骨を取り出すことが出来なくなります。
もし、後継者が出来てお墓を建てても一度合祀した遺骨は出すことが出来ないため、ご家族でしっかりと話し合って決めていただくことが重要です。
特に最近では、お遺骨を郵送して永代供養を引き受ける業者もいるようですが、現地を見ていない状態でお遺骨だけを郵送するのは避けた方がよいでしょう。
また、お墓が既にある方の場合では、既存の墓石を撤去しご遺骨を移したい場合は、公営の合祀墓では遺骨を納めることが出来ないケースが多いようです。
詳しくはお気軽にご連絡下さい。