初めてのお客様

追善法要・年忌法要

法要・供養について

仏教における追善・年忌法要について

仏教ではより良い死後の世界へ行き着くようにとの願いから、亡くなられた日を含めて七日目ごとの法要(中陰供養)と「百箇日忌法要」「毎月の命日」「新盆」などの追善法要を営みます。

百か日を過ぎると年忌法要 となり、満一年たった祥月命日が「一周忌」、二年目が「三回忌」、以後は数え年で六年目に、「七回忌」、「十三回忌」「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」「三十三回忌」「三十七回忌」「四十三回忌」「四十七回忌」「五十回忌」「百回忌」と続きます。

これらの法要は先祖供養として欠くことの出来ない大切な行事ですので、近親者を招いてお寺や墓前で年忌法要を営みます。また春秋の彼岸やお盆には家族そろって墓参をし、故人を偲び供養することが残された者の大事なつとめなのです。

中陰供養

呼称

日数

法要の内容

初七日

7日目

最近では、葬儀後に行う場合が多いようです。

二七日

14日目

遺族や親族のみで行うことが多いようです。

三七日

21日目

遺族や親族のみで行うことが多いようです。

四七日

28日目

遺族や親族のみで行うことが多いようです。

五七日

35日目

宗派によっては忌明けの法要をを行います。

六七日

42日目

遺族や親族のみで行うことが多いようです。

七七日

49日目

忌明けです。「四十九日忌法要」とも呼ばれます。

※現在では「初七日」と「四十九日」の法要のみをとり行うことが多いようです。
※日数は亡くなった日を含めて数えます。

百箇日忌法要

「百箇日忌法要」は、「四十九日忌法要」から最初の年忌である「一周忌」までに行う唯一の法要です。「卒哭忌」ともいい、これは哭くのをやめるという意味があります。
 また、この法要は「四十九日忌法要」と一緒に行うこともあるようです。

年忌法要

呼称

日数

法要の内容

一周忌

満1年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

三回忌

満2年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

七回忌

満6年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

十三回忌

満12年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

十七回忌

満16年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

二十三回忌

満22年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

二十七回忌

満26年目

親族や知人を招き、故人を偲びます。

三十三回忌

満32年目

宗派によりこの法要をもって弔い上げとする場合が多いようです。

五十回忌

満49年目

宗派によりこの法要をもって弔い上げとする場合が多いようです。

百回忌

満99年目

以後の法要は五十年毎に営まれます。